2020/06/15

コロナと戦う家族にもエールをおくります!

黒岡です。

コロナで子供の休校や家族の在宅勤務が続き、三食の準備や家庭内のコミュニケーションに悩む母親が多いと聞きますが、
私もご多聞に漏れずその一人です。コロナで今は、毎日2時間を短縮勤務させていただいています。

我が家では、今年小学3年生の息子が早3ヵ月となる休校、夫も3月から在宅勤務となっています。
小学校によっては学校から課題が郵送されたり、具体的な提出物の指示があるそうですが、息子が通っている小学校は学校のHPに一応の課題は掲載されているものの、何をするかは家庭の判断に委ねられています。

そのため、自分で時間割を作成して、午前中に漢字と算数の勉強、午後から、Eテレ視聴、時々プログラミングや読書などと行っているのですが、そろそろ限界に・・・。
そして子どもの運動不足感は否めませんね。
また、「一人になりたい」と部屋に篭る時もあれば、夫や私に寄って来て離れなくなる時もあったり・・・。

大人も子供も誰も経験した事のないこの状況の中、仕事でも家庭でもまだ気を張る日々が続きますが、
「あの時は大変だったけど皆で頑張ったね!」と言える日が早く来ることを願うばかりです!!