2020/05/15

コロナ禍でも得られた小さな充実感

可児です。

コロナウイルスの影響で休日を自宅で過ごす時間が増え、自由に外出できないもどかしさで、
少しずつストレスを感じることはないでしょうか?
私はどちらかと言えばインドアですので、外出自粛要請が出た時は大丈夫だろうと思ってしましたが、
感染者数の拡大や、亡くなった方の報道を毎日見るたびに、人との接触を避けることによるコミュニケーション不足や、いい天気でも気兼ねなく外出できなかったり、気を使って生活しなければならない状況に、少しずつストレスを感じてきました。

そこでせっかく家に居るのであれば、今までやりたいと思っていても後回しになっていたことを試してみようと、砥石(荒砥石と中砥石)を購入しました。(更に仕上砥石というのもありますが、家庭用なのでまずは中砥石までとしました)
私の地元が岐阜県ですので、関市(地元では刃物で有名な町です)で購入したものを15年以上利用していますが、実は研いだことがなく、刃こぼれも起こしており、切りづらくなっていました。まずはYouTubeや検索サイトで研ぎ方を自分なりに研究し、いざ実践してみました。

最初に荒砥石で刃こぼれを直すために学んだ通りに実践。少しずつ刃先が研磨され、刃こぼれが目立たなくなってきました。
続いて中砥石で更に磨きをかけていきます。1時間くらい行ったでしょうか、ここで試しに野菜を切ってみたところ、驚くほど切れが良くなっていて、感動しました!!

素人なのでまだまだな部分はありますが、研いでいるときは無心になれ、研ぎ終わったら包丁がきれいに切れるという達成感もあり、小さな充実感を味わえました。それと同時に、定期的に刃を研ぐことの大切さは、仕事においても同じかもしれないと思いました。

コロナウイルスの収束と外出自粛要請の解除が、いつ行われるかわからない状況ですが、せっかくの時間を手にしたのであれば、普段できないことをして、小さな充実感を味わいながら、コロナウイルスに打ち勝ちましょう!