只今、明日の元気をつくる「エール」の公式ホームページを
リニューアル中です。
HOME > 参考ページ > 助成金受給ストーリー2

助成金受給ストーリー2

助成金受給ストーリー2 : トライアル雇用の助成金を活用されたケース


M技研は創業40年の製造業です。最近26歳の新入社員S君が入り、社長は期待をかけて自ら技術を教えていたところでした。そんなある日、社労士が社長を訪ねると・・・・。

社長
shachou2
ふうーっ、まだ入社して3ヶ月なのに、突然退職なんて・・・やっぱり最近の若いやつにはうちの仕事は無理なのかねえ・・・若いのは一年以内に退職する者が多くてね、仕事を教える方も大変なんだ。次の求人をまた出さなければならんな・・・
社労士
sensei5
社長、「若年者トライアル雇用制度」をご存じですか?40歳未満の若者を、3ヶ月間試しに雇用する制度です。雇用のミスマッチを防ぐのに役立つと思いますよ。

トライアル雇用とは...

原則3ヶ月間、試行就業の期間を設けて採用します。この間に互いに理解を深め、適正や能力などを見極め、常用雇用へのきっかけ作りを図ります。トライアル雇用を実施する事業主には、トライアル雇用奨励金が支給されます。

対象労働者1人につき : 月額4万円 × 3ヶ月 = 12万円

※ 奨励金は常用雇用に移行せず、トライアル期間で終了した場合にも支給
※ 期間途中で本人が退職を申し出た場合にも、日数に応じて一部支給

【数ヵ月後...M技研にて】


社長
shachou3
トライアル雇用制度を利用して採用した二人が、ガッツのある若者でねえ。職場も活気づいてるよ!
本人たちも3ヶ月で成果を見せようと頑張ってくれたしね。本人たちともよく話し合って、常用雇用にすることにしたんだ。 一人は24歳、もう一人は32歳でフリーターだったんだけど、すごくまじめで仕事覚えも早いよ。
そうそう、それにうちの技術責任者の山田が、マンツーマンで指導して正社員になれるよう、しっかり指導するようにしただろう?山田は指導責任者にしてさらにリーダーらしさに磨きがかかってきたよ。
社内も活気が出てきてうれしいね!!
社労士
sensei9
それはよかった。 社長の元では、きっとすばらしい技術者に育ってくれますね。
これからがますます楽しみですね!
トライアルに関連して奨励金がありますよ。
トライアル後の助成金に、「雇用支援制度導入奨励金」(21年3月末まで)と「若年者正規雇用化特別奨励金(平成21年2月から)があります。
<M社受給額ご参考>

・ 若年者トライアル雇用                24万円 ((4万×3ヶ月)×2名)
・ 若年者正規雇用化特別奨励金      100万円  (50万+25万+25万)
    (40歳未満のフリーターを常用雇用移行後2年半雇用した場合の受給額合計)
・ 雇用支援制度導入奨励金          30万円 (※この助成金は21年3月末で終了します)
   (指導責任者をつけて、常用雇用移行後も定着のための支援を行った場合) 
   
  ■ 合計受給額                             154万円

投稿者 横浜市 社会保険労務士法人エール | 港北区・新横浜の社労士がマイナンバー対応&労務問題解決 :2008年2月26日

supported by ホームページリニューアルセンター