2021/10/04

【エールからのお役立ち情報】ウィズコロナ時代の労務管理 (2020年9月号エール・スピリッツより)

ウィズコロナ時代の労務管理

本記事は2020年9月号のエール・スピリッツでお届けした記事です。
現在も続くコロナ対策のためにご活用いただける情報として掲載させていただいております。
ご参照下さい。

 

【ニューノーマルの働き方改革】

□テレワークやローテーション勤務  □時差勤務でゆっくりと
□オフィスはひろびろと  □会議はオンライン  □対面での打ち合わせはマスク

(厚生労働省HP 「新しい生活様式」の実践例より)

 

1)時差出勤
時差出勤とは、1日の所定労働時間数は変えずに、始業・終業時刻を前後にずらす勤務のこと。
オフピーク通勤(満員の通勤電車での感染防止)ということではもっともシンプルな対応となる。
所定労働時間は変わらないため、運用の負担も少ない。就業規則の変更は必要。

2)フレックスタイム制
フレックスタイム制は、月間の総労働時間を決めた上で、日々の出退勤時刻や労働時間を従業員自らが決定し、
効率的な仕事の仕方を目指す仕組み。導入においては就業規則の整備と労使協定の締結が必要。

3)週休3日制の採用
工場などテレワークができない職場で検討される週休3日制導入
1日10時間×4日=週40時間
労働基準法で定められている労働時間は1日8時間・週40時間。この時間を超えると残業となり、
割増賃金の支給が必要となるというのが原則。
変形労働時間制を採用することで、所定労働時間が1カ月を平均して、週40時間を超えなければ、
特定の日に8時間、特定の週に40時間を超えても残業にならないという取り扱いができる。
よって1日10時間勤務でも時間外とはならない。1カ月単位の変形労働時間制導入のためには、
就業規則を見直す必要がある。
※新たな働き方を検討される企業様はエール担当者までご相談ください。

 

【テレワークの推進】

(「内閣官房日本経済再生総合事務局 未来投資会議(第42回)資料より」)

 

職場でテレワークを推奨・義務付けしていない理由は、「職場以外でできる業務内容でない(40.5%)」
が最も多く、セキュリティや押印に関する問題もあがっていることがわかります。
「できない」ではなく、「どうしていくべきか」業務に対する考え方のさらなる見直しとセキュリティ強化
が必要と考えられます。

 

【職場における感染防止の進め方】

 

新型コロナウイルス感染症対策分科会において、新規感染者数を減少させるための迅速な対応として、
事業者に対して、
①集団感染(クラスター)の早期封じ込め、
②基本的な感染予防の徹底
が提案されています。
その中で、「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」
が紹介されています。
基本的な対策の実施状況について、ぜひ社内で活用をしていただくことをおすすめします。

以下、抜粋👇 クリックで詳細をご覧ください。

(厚生労働省HP 職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト(事業主向け))

【風邪症状を呈する労働者等への対応について】

 

新型コロナウイルスは、感染から発症までに数日から14日程度の潜伏期間があり、
初期症状としては発熱や咳などの風邪症状が多くみられます。
このため、風邪症状がみられる労働者については、感染の可能性を考えた労務管理をおこなうことが求められます。
・発熱、咳などの風邪症状がみられる労働者への出勤免除とその間の外出自粛勧奨
・労働者を休業させる場合の賃金の取り扱いについて、労使での十分な話し合い
・労使が協力して労働者が安心して休暇を取得できる体制整備
・新型コロナウイルス感染症についての相談の目安(下記)を周知し、
該当する場合、帰国者・接触者相談センターに電話相談し、同センターからの指示に従うように促す。

ウィズコロナ、アフターコロナを見据えた企業戦略の見直しと、
感染予防を踏まえた新しい働き方の検討は切り離して考えることができない問題です。
今後の展開に向けた労務面の整備については、エール担当者までご相談ください!

【ご参照下さい】
■厚生労働省 テレワーク総合ポータルサイト
https://telework.mhlw.go.jp/qa/

■厚生労働省 国民の皆さまへ (新型コロナウイルス感染症)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html

■新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)(2021年7月28日時点版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

―関連記事―
・2021年8月31日【新型コロナ関連】小学校休業等に伴い特別有給休暇を取得させたときに支給される助成金
・2021年8月27日【新型コロナ関連】ワクチン接種にかかる職場の対応
・2021年8月26日【経団連より】職場における積極的な検査等の実施への協力のお願い
・2021年8月25日【新型コロナ関連Q&A】新型コロナウイルスに感染した場合の雇用調整助成金
・2021年4月1日【厚生労働省】人材確保等支援助成金(テレワークコース)を新設

社会保険労務士法人エール
〒222-0032
横浜市港北区大豆戸町1018 エールビル
TEL:045-549-1071 FAX:045-549-1072
お問合せ