『学び熱心な実は大胆エール人』

社会保険労務士
黒岡 雅弓
Ayumi Kurooka

資格

社会保険労務士
個人情報保護士
マイナンバー検定1級

住んだことのある街

鹿児島県→福岡県→横浜市(横浜市内も 栄区・中区・瀬谷区・現在は港北区)

趣味

旅行が好きで、アラスカにオーロラを見に、オーストラリアにエアーズロック登山に、ペルーにマチュピチュ・ナスカの地上絵を見に、フィジーに日付変更線を跨ぎに行きました。現在は電車好きな子供と乗り鉄・撮り鉄を楽しんでいます!

特技など

クラシック音楽が好きで、今でもピアノを弾きます。

社労士になった理由

芸能音楽業界、小売業界、ネットワーク・マーケティング業界にて総務・経理職でやってきました。その後、IT業界や、大企業での仕事をし、結婚・出産を経て少し仕事から離れておりました。
子供を保育園に預けず、子供の成長を傍でみていたい、一緒に子供と成長していきたいという気持ちがありました。その一方で、これまでいろいろ仕事で得たことを活かしつつ、専門的な知識をもって社会復帰したい、という想いももち続けていました。
これまでの自分の職場を振り返ってみると、どの職場でも、人・組織に関する悩みは共通にあり、大企業でも、中小企業でもその規模や企業ステージに応じた悩みや課題を抱えていました。そんな中、人の側面から企業をサポートしている社労士の仕事を知り、今度は社外から多くの企業の経営、人事総務のサポートがしたいと考え、子育てをしながら、社会保険労務士を目指しました。

お客様へのメッセージ

幼少のころから、はっきり一つの答えが出る“珠算”と、同じ曲でもその人の持っている技術や解釈によって100人いれば100通りの演奏が生まれる“ピアノ”、そんな両極端な習い事をしてそれぞれに没頭していました。そうした経験もあってなのか、視点を変えて物事を見直す、軸を変えて考え直すことができることは今の強みにもなっています。
お客様と少し違う角度から、気づきをご提供できるよう、日々精進していく所存です。
時を経て・・・我が子が大人になるときにはどんな社会になるのだろうと考えます。急速に進む少子高齢化、人口減少、AIによって仕事も大きく変わるでしょう。授業も「暗記」から「考える」内容
に変化し、「正解のない問い」に向き合う内容へと変化してきています。
人事労務の問題もこの「正解のない問い」に向き合うことが多々あるのではないでしょうか。私も微力ながら皆様の組織が協奏できるよう、一緒に考えさせていただけたらこのうえなく幸いに存じます。

エールメンバーより

基本をしっかりとおさえつつも、いろんな角度からこういう場合はどうなるか、といった視点を常にもってくれています。勉強好きで手堅い一方で、プライベートでは大胆な行動の持ち主です。バイクの免許ももっているピアニストママでもあります。

INDEX