『コミュニケーションを大切にするバランスエール人』

社会保険労務士/産業カウンセラー
田内 ますみ
Masumi Tauchi

資格

社会保険労務士
産業カウンセラー・心療回想士

住んだことのある街

東京都→リオデジャネイロ(ブラジル)→神奈川県→東京都→横浜市

趣味

サイクリングや森林浴など自然の中で過すのが好きです。
最近は和の心に目覚め、友人と和服で出かけるのを楽しみにしています。

専門分野など

長年一般企業の人事労務に従事し、階層別研修、セカンドキャリア研修などの企画及び講師をしておりました。交流分析、傾聴トレーニング、カウンセリングについて勉強会グループに参加し、また、メンタルヘルス責任者としての体験から専門知識の必要性を痛感し、大学院で臨床心理学を学びました。
大学院では、様々な心理療法や精神疾患の基礎知識、精神科で処方される薬の基礎知識などを学ぶとともに、EAP(従業員支援プログラム)会社や精神科病院で研鑽を積みました。実際に様々なメンタル不全の方と接してきたことやこれまでの経験が、企業様からご相談をお受けする上で活きています。

社労士になった理由

就職に際し、生涯仕事をしたいという思いか何か専門性を身につけたいと考えていました。大学を卒業して就職した金融系企業で人事部に配属されたことから、社会保険労務士の資格を知りました。日頃の仕事の中でよく接する労働・社会保険の知識だけでなく、さらに専門知識を深めもっと役にたちたいという思いから、資格を取得しました。企業勤務ではなく社労士として多くの企業のお役にたちたいと考え、現在にいたります。

お客様へのメッセージ

人は職場での役割のほか、家庭や家族、友人や地域での役割を持っています。メンタルヘルスの問題は、仕事上の面がクローズアップされがちですが、その人か抱えている人間関係や、パーソナリティの問題も深く関係しています。人間関係の問題には正解はありません。語られていること、語られていないこと、その両者を注意深く聞きとり、本人や周囲の人たち双方がWin-Winになることを意識してお手伝いできればと思っています。また、私自身、介護が必要な母と暮らしています。ワークライフバランスは自分にとってもテーマでもありますし、お客様にも心身ともに元気に、生活時間のバランスを取りながら仕事ができる環境作りをお手伝いしていきたいと思っています。

エールメンバーより

新たな視点と切り口を武器に課題解決に臨みます。相手に興味を持つこと、誰かと一緒にいることが問題解決に繋がるというカウンセリングの学びを活かし、お客様に親身に寄り添う姿勢は社内でも一目置かれています。

INDEX