2021/06/03

【新型コロナ関連】Q&A更新:ワクチン接種後の副反応への職場としての対応について

ワクチン接種後に高確率で発生する発熱・頭痛などの副反応への職場としての対応

新型コロナウイルスのワクチン接種スケジュールが徐々に見えつつある状態になっています。
ワクチン接種に関しては副反応についての情報も出ていますが、厚生労働省の公表によると、2回目接種後の37.5℃以上の発熱、頭痛、全身倦怠感が比較的高い確率(38.0%)で発生しているようです。

今後、接種対象者が拡大したときに従業員が接種することとなり、その接種を所定労働時間内に行いたいと申し出た場合の対応や、
接種後に副反応が出たときの対応が問題となると懸念されます。
これに関連し、厚生労働省は「新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)」を5月20日時点版に更新し、内容を追加しました。

追加事項

【問】
自社に勤める労働者が新型コロナワクチンの接種を安心して受けられるよう、新型コロナワクチンの接種や接種後に発熱などの症状が出た場合のために、特別の休暇制度を設けたり、既存の病気休暇や失効年休積立制度を活用したりできるようにするほか、勤務時間中の中抜けを認め、その時間分終業時刻を後ろ倒しにすることや、ワクチン接種に要した時間も出勤したものとして取り扱うといった対応を考えています。どういった点に留意が必要でしょうか。

【答】
職場における感染防止対策の観点からも、労働者の方が安心して新型コロナワクチンの接種を受けられるよう、ワクチンの接種や、接種後に労働者が体調を崩した場合などに活用できる休暇制度等を設けていただくなどの対応は望ましいものです。

また、①ワクチン接種や、接種後に副反応が発生した場合の療養などの場面に活用できる休暇制度を新設することや、既存の病気休暇や失効年休積立制度(失効した年次有給休暇を積み立てて、病気で療養する場合等に使えるようにする制度)等をこれらの場面にも活用できるよう見直すこと、②特段のペナルティなく労働者の中抜け(ワクチン接種の時間につき、労務から離れることを認め、その分終業時刻の繰り下げを行うことなど)や出勤みなし(ワクチン接種の時間につき、労務から離れることを認めた上で、その時間は通常どおり労働したものとして取り扱うこと)を認めることなどは、労働者が任意に利用できるものである限り、ワクチン接種を受けやすい環境の整備に適うものであり、一般的には、労働者にとって不利益なものではなく、合理的であると考えられることから、就業規則の変更を伴う場合であっても、変更後の就業規則を周知することで効力が発生するものと考えられます(※)。

こうした対応に当たっては、新型コロナワクチンの接種を希望する労働者にとって活用しやすいものになるよう、労働者の希望や意向も踏まえて御検討いただくことが重要です。
※ 常時10人以上の労働者を使用する事業場の場合、就業規則の変更手続も必要です。

 

企業においては、ワクチンの接種日とその翌日には勤務が難しい従業員が一定数発生することを想定して
おく必要があります。みなさんが安心してワクチン接種が受けられるよう早めに検討を進めておきましょう。

【具体的な対応事項】
・接種日の調整をおこなう
・接種にあたって、勤務時間中の中抜けについて (その後、繰り下げ勤務なのか、出勤みなしとするのか)
・有給休暇の取得 特別休暇として扱うかなどの方針について周知

新型コロナウイルス感染症に係る労務管理等のご相談につきましては
エール担当者までご相談下さい。

出典:
■ 厚生労働省HP
新型コロナウイルスに関するQ&A(企業の方向け)(2021年6月2日更新)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html

■ 厚生労働省コロナワクチンナビ
https://v-sys.mhlw.go.jp/

■ 厚生労働省「新型コロナワクチンについて皆様に知ってほしいこと」
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

—関連記事―

【東京商工会議所】職場で新型コロナウイルスの感染が疑われたら読むガイド

社会保険労務士法人エール
〒222-0032
横浜市港北区大豆戸町1018 エールビル
TEL:045-549-1071 FAX:045-549-1072
お問合せ