2021/04/28

【新型コロナ関連】ワクチン接種後の副反応への職場としての対応について

ワクチン接種後に高確率で発生する発熱・頭痛などの副反応への職場としての対応

新型コロナワクチン接種について実施する市町村や接種する人数はまだ限られておりますが、順次拡大していく見込みです。
初夏にも一般の接種が始まるとの報道が見られるようになっていますが、接種後の副反応を心配する声も少なくはありません。

2021年4月23日に行われた厚生労働省検討部会の資料から接種後の副反応について以下のような調査結果が報告されております。

■ 接種部位の疼痛
1回目接種後・2回目接種後共に90%以上の高い値となっている。

■ 37.5度以上の発熱
1回目接種後は3.3%(インフルエンザワクチンと大差なし)、2回目接種後については38.0%(38度以上も21.2%)と高い値を示している。発熱に関して年代別に見ると、20代がもっとも高い値となっており、年代が上がるにつれ減少する傾向が見られる。

■ 頭痛
1回目接種後は21.2%であるのに対し、2回目接種後は53.6%。

■ 倦怠感
1回目接種後が23.2%であるのに対し、2回目接種後は69.4%となる。

いずれの副反応についても2回目接種後に就業が難しい副反応が高確率で発生していることがわかります。
初夏にも一般の接種が始まるとの報道が見られるようになっていますが、ワクチンの接種日とその翌日には勤務が難しい従業員が一定数発生することを想定し接種日の調整を行うと共に、有給休暇の取得などの方針を早めに検討し社内に周知しておくとよいでしょう。
具体的なご相談ごとがございましたらエール担当者までご連絡下さい。

出典:
■ 厚生労働省HP
ニュースリリース「第55回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、令和3年度第1回薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会(合同開催)資料」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17917.html

■ 厚生労働省コロナワクチンナビ
https://v-sys.mhlw.go.jp/

■ 厚生労働省「新型コロナワクチンについて皆様に知ってほしいこと」
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/vaccine.html

—関連記事―

【東京商工会議所】職場で新型コロナウイルスの感染が疑われたら読むガイド

社会保険労務士法人エール
〒222-0032
横浜市港北区大豆戸町1018 エールビル
TEL:045-549-1071 FAX:045-549-1072
お問合せ