2021/03/25

【神奈川県】新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第8弾)のご案内(2021年3月24日発表)

時短営業要請に協力されている企業様へ

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、
県の要請に応じて、夜間営業時間の短縮(時短営業)に協力される事業者の皆様に対し神奈川県が協力金を交付する制度です。

3月8日から3月31日までの時短要請にかかる期間分は
協力金(第7弾)として別途申請していただく必要があります。
第8弾協力金の対象期間は、4月1日~4月21日の時短要請にかかる分です。
ご注意下さい。

【対象店舗】
営業の形態や名称にかかわらず、通常21時から翌朝5時までの夜間時間帯に営業し、食品衛生法に基づく飲食店営業又は喫茶店営業の許可を受けた店舗
(テイクアウト専門店・イートインスペースのあるスーパーやコンビニ・キッチンカー等は対象外)

【対象地域】
県内全域

【対象期間】
2021年4月1日(木)から2021年4月21日(水)

【要請内容】
営業時間を5時から21時(酒類の提供は11時から20時)までの間に短縮又は休業

【支援額】
1店舗あたり最大84万円(予定)
時短営業した日数×4万円を交付予定です。
時短営業を開始した日から2021年4月21日まで連続して時短営業することが必要です。

【申請方法】
・電子申請:2021年4月22日(木)(予定)から2021年5月28日(金)まで
・郵送申請:2021年4月22日(木)から令和3年5月28日(金)まで(当日消印有効、締切厳守)
※具体的な申請方法の公表はこれからとなります。

【提出書類】
1.交付申請書
2.振込先の通帳(見開き部分)等の写し
3.食品衛生法に基づく飲食店の営業許可証の写し
4.従来の営業時間がわかる写真など(看板など)
5.対象店舗において「時短営業の案内」を掲示したことがわかるもの
6.県の「感染防止対策取組書」又は市町村が作成する「感染防止対策にかかるステッカー」を掲出したことがわかる写真
7.「マスク飲食」を推奨していることがわかる写真など
※休業した店舗は提出不要です。ただし営業の再開に当たっては、必ずマスク飲食の推奨をするよう要請がなされています。
※6で「マスク飲食の推奨」や「マスク会食の徹底」の記載がある県の「感染防止対策取組書」を提出する場合は提出不要です。

8.本人確認書面(個人事業主の場合のみ)

【重要】第7弾から「マスク飲食の推奨」が要件として追加されています。
提出書類例は以下よりご確認下さい。
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/coronavirus/kyoryokukin_8th.html#shorui

【リーフレット】
https://www.pref.kanagawa.jp/documents/73503/8dan_chirashi0405.pdf

【問合せ先】
協力金(第8弾)コールセンター:045-330-4892
新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル:0570-056-774
(音声案内「9」を押してください)
<受付時間> 月~金(祝日除く) 9時~17 時

【詳細】
新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第8弾)について
https://www.pref.kanagawa.jp/docs/jf2/coronavirus/kyoryokukin_8th.html

社会保険労務士法人エール
〒222-0032
横浜市港北区大豆戸町1018 エールビル
TEL:045-549-1071 FAX:045-549-1072
お問合せ