2020/06/15

【新型コロナウイルス関連】両立支援等助成金(介護離職防止支援コース)に「新型コロナウイルス感染症対応特例」を創設

6月4日にご案内いたしました「新型コロナウイルス関連】 介護有給休暇・妊婦特別休暇に最大100万円の助成金創設予定」で両立支援等助成金制度のうち介護離職防止支援コース助成金制度の一部改正が検討されていることについて概要をお伝え致しましたが
6月12日の二次補正予算の成立をもって「新型コロナウイルス感染症対応特例」を創設することが正式に公表されました。

概要は以下の通りです。

<助成対象>
新型コロナウイルス感染症への対応として、
介護のための有給の休暇制度(最低20日間取得可能)を設け
仕事と介護の両立支援制度の内容を含めて社内に周知し、
令和2年4月1日から令和3年3月31日までの間
当該休暇を合計5日以上労働者に取得させた中小企業事業主

※「介護のための有給の休暇」は、労働基準法に基づく年次有給休暇とは別に設けること
※法定の介護休業(対象家族1人につき合計93日)、介護休暇(年5日(対象家族2人以上の場合は年10日))は別途保障すること。

<対象となる労働者>
① 介護が必要な家族が通常利用している又は利用しようとしている介護サービスが、
新型コロナウイルス感染症による休業等により利用できなくなった場合
② 家族が通常利用している又は利用しようとしている介護サービスについて、新型コ
ロナウイルス感染症への対応のため利用を控える場合
③ 家族を通常介護している者が、新型コロナウイルス感染症の影響により家族を介護
することができなくなった場合

<助成内容>
労働者1人当たり
取得した休暇日数が合計5日以上10日未満 20万円
取得した休暇日数が合計10日以上 35万円
※1企業当たり5人分まで支給

<申請期限>
・支給要件を満たした翌日から起算して2か月以内
*令和2年6月15日より受付開始
なお、令和2年6月15日より前に支給要件を満たしていた場合は、8月15日が申請期限となります。

▼両立支援等助成金 介護離職防止支援コース「新型コロナウイルス感染症対応特例」のご案内▼
*画像をクリックいただくと拡大されます。

◆具体的な申請方法や申請書のダウンロードは厚生労働省HPより
ご確認下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html

◆両立支援等助成金(介護離職防止支援コース 新型コロナウイルス感染症対応特例)Q&A
https://www.mhlw.go.jp/content/000639651.pdf

<お問い合わせ>
各都道府県労働局雇用環境・均等部(室)の相談・申請窓口
【受付時間 8時30分~17時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)】
●神奈川 045-211-7357
●東京 03-6893-1100
*その他のエリアは下記よりご参照下さい。
https://www.mhlw.go.jp/content/000640049.pdf