2020/06/15

【新型コロナウイルス関連】新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金

6月4日にご案内いたしました「新型コロナウイルス関連】 介護有給休暇・妊婦特別休暇に最大100万円の助成金創設予定」で妊娠中の労働者のための健康管理措置を講じた企業へ支援創設について触れましたが、6月12日の二次補正予算の成立とともに正式に「新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金」新設が公表されました。

従来の環境整備や制度整備に対する助成金申請の場合、就業規則の変更・届出が要件として挙げられるのですが本助成金については就業規則の変更・届出の必要はありません。
妊娠中の女性労働者の方がいらっしゃる企業様はぜひこの機会に妊娠中の女性労働者が休みやすい環境整備をご検討下さい。

<助成対象>
□ 令和2年5月7日から同年9月30日までの間に
① 新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置として、医師または助産師の指導により、
休業が必要とされた妊娠中の女性労働者が取得できる有給の休暇制度(年次有給休暇を除き、年次有給休暇の賃金相当額の6割以上が支払われるものに限る)を整備し、
② 当該有給休暇制度の内容を新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の内容とあわせて労働者に周知した事業主であって、

□ 令和2年5月7日から令和3年1月31日までの間に(※)
③ 当該休暇を合計して5日以上取得させた事業主
(※新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置の告示の適用期間)

<助成内容>
対象労働者1人当たり 有給休暇計5日以上20日未満:25万円 *1事業所当たり20人まで
以降20日ごとに15万円加算(上限額:100万円)

<申請期間>
令和2年6月15日から令和3年2月28日まで
*雇用保険被保険者の方用と、雇用保険被保険者以外の方用の2種類の様式があります。
*事業所単位ごとの申請です。

▼新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金をご活用ください▼
*画像をクリックいただくと拡大されます。

◆具体的な申請方法や申請書のダウンロードは厚生労働省HPより
ご確認下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11686.html

◆新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置による休暇取得支援助成金Q&A
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000639553.pdf

<お問い合わせ>
新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置及び同措置による
休暇取得支援助成金に関する都道府県労働局雇用環境・均等部(室)の相談・申請窓口
【受付時間 8時30分~17時15分(土・日・祝日・年末年始を除く)】
●神奈川 045-211-7357
●東京 03-6893-1100
*その他のエリアは下記よりご参照下さい。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/index_00004.html