2020/05/14

【小学校休校等対応助成金】短時間授業や分散登校への取扱い。(2020年5月13日発表)

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金 Q&Aが改定されました。

5月14日一部の地域に緊急事態宣言解除が発表されました。
首都圏3県などの一部都道府県を除いてはこれまで休校になっていた
学校の再開について短時間授業や分散登校の実施が検討されています。

小学校休業等対応助成金の申請を行っている企業では、
このような状況への実務対応が煩雑になる可能性があります。
こうした状況を考慮し厚生労働省では、2020年5月13日に
「新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金 Q&A」を改定しました。

追加された設問は以下の通りです。

[短時間授業]
Q 新型コロナウイルス感染症に対応し、学校休業中の半日授業(短時間授業)のため
有給休暇をした場合、対象となりますか。また、申請書への記入方法は。
A 登校日であっても、上記の様な場合は対象になります。
その場合は、当該内容が分かる学校からのお知らせを添付してください
(お知らせが無い場合は、様式第2号に休業期間として記入ください)。

[分散登校]
Q 学校休業中に分散登校が実施されている中、通常の登校日と同じ時間帯の登校日にもかかわらず
有給休暇を取得した場合、対象となりますか。
A 通常の登校日と同様であり、対象になりません。

当面はこのようなイレギュラー対応が求められる企業様が多いと存じます。
本助成金の概要や助成対象に関わるお問い合わせは
下記コールセンターをご利用下さい。

<学校等休業助成金・支援金等相談コールセンター>
0120-60-3999
受付時間 9:00~21:00(土日・祝日含む)

<新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金 Q&A>(2020.05.13改定)
https://www.mhlw.go.jp/content/000630005.pdf

<申請書類ダウンロード>
厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html