2020/05/07

【雇用調整助成金】申請手続の更なる簡素化が発表されました。(2020年5月6日発表)

【新型コロナウイルス感染症関連】国税の納付猶予(コロナ特例猶予)について

厚生労働省より雇用調整助成金の申請手続きの更なる簡素化が発表されました。
今回は主に「助成額の算定方法」について簡素化がなされました。
詳細は以下の通りです。

<助成額の算定方法の簡略化>
1.小規模の事業主(概ね従業員20人以下)については、
「実際の休業手当額」を用いて、助成額を算定できるようにします。
※ 「実際に支払った休業手当額」×「助成率」=「助成額」とします。

2.小規模の事業主以外の事業主についても、助成額を算定する際に用いる「平均賃金額」の算定方法を大幅に簡素化します。
(1)「労働保険確定保険料申告書」だけでなく、「源泉所得税」の納付書を用いて1人当たり
平均賃金を算定できることとします。
※源泉所得税の納付書における俸給、給料等の「支給額」及び「人員」の数を活用し、1人当たり平均賃金                (「支給額」÷「人員」)を算出します。
(2)所定労働日数」を休業実施前の任意の1か月をもとに算定できることとします。

5月4日時点では1人当たりの平均賃金の上限額は8,330円のままとなっています。
従来の算出方法か、上記の簡素化された算出方法か、現段階でははっきりと判断し難いのが現状です。
ただ、助成率を上げる検討はされており、引き続き注目です。
最新情報が発表され次第ご案内させていただきます。

出典:厚生労働省HP
「雇用調整助成金の申請手続の更なる簡素化について」

★本助成金の申請に関するご相談やコロナウイルス対策に関わるご相談は
エール担当者までご連絡下さい。

社会保険労務士法人エール 
〒222-0032
横浜市港北区大豆戸町1018 エールビル
TEL:045-549-1071 FAX:045-549-1072
お問合せ