2020/03/30

【新型コロナウイルス感染症関連】雇用調整助成金等の最新情報(2020年3月28日発表)

新型コロナウイルス感染症における雇用調整助成金等の最新情報

2020年4月1日~6月30日に実施される特例の概要です。
3月28日(土)安倍首相は会見にて、過去最大級の経済対策について触れ
「新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の拡大」 が発表されました。

この助成金は、直近の生産指標が1か月5%以上低下している事業主に対し
雇用の維持をはかるための休業手当に要した費用を助成するものですが、その助成率が拡大されます。

中小企業2/3、大企業1/2 → 今回の緩和で、中小企業4/5、大企業2/3 に増額
(※解雇を行わない事業主については中小企業9/10、大企業3/4に拡大)

本来事前に申請しなければならない計画届の事後提出も、6月30日まで休業後の提出を認めるという
特例があります。
さらに、雇用保険の被保険者でないアルバイト、パートも対象とされることになりました。

休業中の教育訓練の加算額の引き上げや対象となる訓練条件の緩和については、詳細は発表となっていませんが、
近日中に発表されるものとします。
引き続き最新情報が入りましたら発信してまいります。
以下のリーフレットに最新情報が網羅されておりますのでご覧下さい。

▼新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の拡大▼
※画像をクリックいただきますと拡大表示されます。

出典:厚労省 3月28日報道発表資料より
「2020年4月1日から6月30日までに実施される雇用調整助成金の特例措置の概要」 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10551.html

★雇用調整助成金の申請をご検討の企業様へ
書類作成・申請代行につきましては、エールは顧問先企業様限定で代行をお受けします。
また、自社にて申請される企業様におかれましては、無料にて動画をご活用いただけるように
準備しておりますので少しお待ちください。(詳細がわかり次第、撮影に入ります)

★上記以外のコロナ関連の助成金について
申請の対応が自社で行えるよう、エールのサイトにて2本の動画配信を開始しました。
解説資料と厚生労働省HPより申請書類をダウンロードいただけますので、ご用意の上、動画をご覧ください。
・時間外労働等改善助成金(テレワークコース)
コロナの件で、テレワーク導入にあたり、かかった費用の半分を企業に助成
→配信動画:時間外労働等改善助成金(テレワークコース)

・新型コロナウイルスに関する小学校休業等助成金
労働者が子供の小学校等臨時休校のために休んだ際に、特別休暇を与えた企業への助成
→配信動画:新型コロナウイルスに関する小学校休業等助成金

ぜひご活用ください。