2020/03/11

【新型コロナウイルス感染症関連】雇用調整助成金の特例措置、追加実施が発表されました(2020年3月10日発表)

雇用調整助成金の特例措置、追加実施が発表されました。

■追加特例措置のポイントは以下のとおりです。

1.雇用保険被保険者期間が6か月未満の労働者を助成対象とします
新規学卒採用者等、雇用保険被保険者として継続して雇用されている期間が6か月未満の労働者についても助成対象とします。

2.過去に受給していた事業主に対する受給制限の廃止について
過去に雇用調整助成金を受給したことがある事業主であっても、以下のとおりの取扱いとします。
(1) 前回の支給対象期間の満了日から1年を経過していなくても助成対象とします。
(2) 通常、支給限度日数は1年間で100日、3年間で通算150日までのところ、
今回の特例の対象となった休業等については、その制限とは別枠で受給可能とします。

▼厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ雇用調整助成金の特例を追加実施します」▼
※画像をクリックいただきますと拡大表示されます。

★上記以外、助成金の申請を検討される場合や
その他、コロナウイルス対策に関わるご相談はエール担当者までご連絡下さい。

社会保険労務士法人エール 
〒222-0032
横浜市港北区大豆戸町1018 エールビル
TEL:045-549-1071 FAX:045-549-1072
お問合せ